治癒する過程で症状がでます

当サロンには、長年の不定愁訴をかかえた方が多くいらっしゃいます。

症状は様々で、

慢性的な、頭痛、耳鳴り、めまい、肩こり、腰の痛み、

自律神経の狂いにより、何かわからないキツさ、だるさなど

また痛みが、肩、首、腰、背中、股関節、足、と移っていく方もいらっしゃいます。

そういう方の特徴としては

頭の歪みがあり、頭から仙骨に繋がる「硬膜」の問題が出ています。

硬膜問題のクライアントさんは病院での対処療法では改善が難しい方です。

一時的な疲れによる靭帯問題のクライアントさんより

根治に時間がかかり、治癒する過程で症状を繰り返します。

おそらく、一般の治療院でもこのタイプのクライアントさんは

治せない患者として苦手とするところも多いでしょう。

一見、症状を繰り返しますし、場合によっては症状が最初より酷く出る事がありますので、

お客様も不安になります。

 

先日おみえのお客様は長年の「めまいとキツさ」に悩まされていました。

典型的な硬膜問題の方です。

施術のセッションを重ねることによって、体の状態も症状も以前とは明らかに変わってきました。

症状は良くなってきているのですが、胸椎の歪みがなかなか取れません。

ターグルリコイルというテクニックで、第一頸椎(首の一番上の骨)のアジャストを実施しました。

次のセッションでは、胸椎(胸のあたりの背骨)の歪みが改善されていました。

胸椎の歪みは改善され、首から下の体の状態は良くなっていましたが、

硬膜の収縮が顕著になり、めまいが酷くなりました。

 

体は歪みなどで片側にずっと引っ張り続けていると、

反作用でその反対側が日常的に引っ張り返しをして、

目線を並行にし、前が向けるように補正しています。

また、治癒する時に過程として、筋肉は収縮しきると緩むという性質があります。

一部の引っ張りを解除すると反作用の引っ張りが顕著になるので、

その時に症状が酷く出ます。

症状が辛いと思いますが、体の状態は右肩上がりに良くなっているのを確認しているので、

また一緒に前へ進みましょう。

 

トータル健美ゆあんに では毎回お体の状態をきちんと説明しています。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です