あなたの世界観は何ですか?

 施術のスキル向上の為、定期的に手技を学びにいくのですが、 今お世話になっている師匠の講義では必ず治療家としての哲学を落とし込まれます。 どうして治療家になったのか、 経営理念に基づいたコンセプトは何か、 提供するサービスは何か、 毎回毎回、改めて考え直し、自分が進んで行く道がぶれないように方向性をつけていきます。 今まで自分の中だけで認識していた方向性は様々な角度から何度も問いをもらい、考え直させられて より明確になっています。 今回のお題は「治療家としてあなたが持っている世界観は何か」でした。 世界観。言葉の意味が広すぎて一瞬考えます。 しかし、私の答えはこうでした。   『体の歪み、心の歪み、を正しくし、 また本人が自分の体をコントロール出来るようにし、 その人が生まれて来た本分を全う出来るようにする』   もともと当店はリラクゼーションサロンとしてオープンさせました。 しかし、お客様とコミュニケーションや施術を数回重ねると、リラクゼーション、エステメニューのみでは一時しのぎにすぎず、 原因の根本治療や生活習慣の改善ができなければ 本当にその方が望むところには到達しない人が多過ぎる、とすぐにリラク、エステの限界を感じました。 もちろん、中にはリラクゼーション、エステメニューで充分対応出来る方もいらっしゃいます。   リラクゼーションメニューを超えて対応するお客様、 私の感覚ではこんな感じです。 人それぞれが、人生という車を乗りこなしながら自分が進みたいところに自由に向かいたいと思っています。 ところが、上手な自分という車の乗り方を教えられず、みんな親や周りのメディア環境などの見よう見まね、 我流で車を進めているんです。 なので、ちょいちょいボディをこすって筋肉塗装がはげたり凹んだり、 オイルを入れ忘れて内蔵エンジンが煙吐いてたり、 中には心のサイドブレーキをめいいっぱい引いたまま、アクセル全開の人もいます。 同じように大量生産されている車だって、車種車両に乗り方の特性はありますし、生産年代によってもメンテナンスの仕方も違う。 なのに、運転手は運転席にじっと座って、 なんでこの車スムーズに走らないんだろう?って不満を持ってる感じなのです。 そんな中、どうやったらこの車スムーズに走らせる事ができる?私には向かいたいところがあるの。 と声をかけて下さった方に、 一緒になって、ボディの修復と、内蔵オイルを入れ、サイドブレーキを下ろし、 そして、ずっとー生涯心地よく走り続けてもらう為に、 自分車のメンテナンスの方法、安全に走るための運転の仕方をお伝えし 夢にスムーズに向かって あなたにしかできない人生の本分を全うして頂きたい   そう思いながら、日々セラピストとして、インストラクターとして、私の技術は向上し続けます。 当サロンでは常に 「きづき」と「まなび」の空間を提供していきたいと思います。   治療家の世界観